「Kimono日和」カテゴリーアーカイブ

大正ロマン風スタイリング

Dengon Net  に毎月掲載の Kimono日和、6月号は大正ロマンスタイルのご紹介でした。

モッタリと肌に落ちる錦紗の感触は一度知ったらやめられない、アンティーク着物の代表的なもの、その中でも今回は素晴らしいカーネーションが描かれた美しい逸品です。

これ系の着物を美しく見せるスタイリングは「もっさり」を意識して。

今はなんでもかんでも着物はスッキリ着こなそうとしてる世の中の流れなような気がしますが、アンティークのタレものは特に「もっさり」です!

有り余るような贅沢な生地を持て余すように重たげなイメージで。

まずは半衿はたっぷり見せましょう!とりあえず着物の衿から襦袢の半衿を5ミリ控える・・事はしなくていい! 出しましょう!襦袢の半衿、飛び出してなんぼです。

おはしょりをスッキリ平行に・・しなくていい!もっさりとゆるいシワができる程度に、できる事ならたっぷり出しましょう。

帯板・・しなくていい! 帯が帯締めで凹んでも気にせず行きましょう。

帯揚げはスッキリ・・しなくていい?あえてぐちゃっとさせましょう・

お太鼓はびしっと四角に・・しなくていい!いびつに丸っぽくちょっと歪んでもいいです。

補正!なし!もう無しですよ!(笑)

なんかスッキリ着てないと不正解みたいな風潮ありますよね?

でも江戸時代や明治大正時代の着こなし見てたらこれ全部今でいう不正解?いやその逆で美しいのなんのって!

このリンクかなりおすすめですので、ここで着物がゆっくりと呼吸をしていた時代の着こなしを是非検索してみてください。

http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/keyword.html

解説文のところに 着物 女性などと入れるとたくさん出て来ます。

 Kimono日和はメルボルンの日本語情報誌Dengon Net さんで掲載させていただいている着物コラムです。

オンラインでも読めますのでぜひ読んでみてね!

http://www.dengonnet.net/paper/2019/6/mobile/index.html#p=23

Kimono日和5月号 色無地スタイルその1

今月の着物日和の特集は色無地の着回しコーディネートでした。

一つの色無地で違う帯を使ってのスタイリングはメリハリをつけました。

こちらは友人の結婚式にお呼ばれした時などにおすすめのスタイル。

オフホワイトの袋帯にはうっすらと見えるかな?

前には1羽、お太鼓には2羽の孔雀が並んでいます。

2羽の孔雀は夫婦円満の象徴です。 他にもたくさんの縁起が良い意味が孔雀には込められています。

帯締めも少しメタリックがかった優しいブルーで統一感を出しました。帯留めはパールでよそ行き感を、帯揚げは絞りの変わりストライプでちょっと個性的にアクセントを。

kimono日和はメルボルンの日本語情報誌 Dengon Netに毎月掲載されているコラムです。

メルボルンにお住まいの方でしたら紙面でも見られますが他の方でもオンラインで見られますよ!

それにしても、毎回ヘアメイクさんにお願いできればいいのですが、

なかなかそうはいかない時も多々ありまして・・そうなるとKazariのハルさんと私でなんとかモデルさんのヘアを結い上げなければいけなく、そんなことを3年もやっていたら、かなり素人ながらに上達してきました!笑

見よ!この夜会巻き!